Blog

湿気が多いと髪が扱いにくくなりませんか?

こんにちは

市橋です

きょうは

「湿気が多いと髪が扱いにくくなりませんか?」

についてお話したいと思います。

私たちの髪の中には

健康毛の場合、通常約12%程度の水分量です。

しかし、湿度が約65%以上になる夏期は

髪のキューティクルが開き、外気の湿度を

とりこみ、通常時の3倍程度水分を取り込んでしまいます

ダメージ毛だと、髪の中のタンパク質がなくなってしまっている部分に

水分をとりこんでしまうので、より水分バランスがくずれるため、

広がりやすくなったり、うねりがよりでてしまうわけです

湿度が多いときのヘアケアのポイントですが、

 

なるべく髪内部に湿度が入り込まないようにすること

 

が大切です。

 

アウトバスオイルトリートメントをつけて、外気に

 

髪が直接触れるのを防ぐことと

 

 

髪内部のたんぱく質や栄養を補給をして、

 

髪内部の状態を整えることが大切です

夏季は紫外線が強く、湿度も多く、髪も

痛みやすい時期なのでヘアケアにより力を

入れましょう

To Top