Blog

ヘアアイロンやコテを使うと髪が硬くなるのはどうして?

こんにちは、

市橋です。

最近はご自宅でのヘアアレンジが雑誌でよく見かけますね。

アレンジするときに、コテやアイロンを使ったアレンジもよく見かけますし、

お客さまとお話していても、ご自宅でコテでまく方、

ストレートアイロンで整える方も多いです。

 

なので、ヘアアイロンやコテを使うことによる髪へのダメージに

ついてお話したいと思います。

髪は約85%がタンパク質で出来ています。

髪の毛は、熱が加わると、タンパク質の構造が変化します。

このことをタンパク変性といいます。

 

たとえば、

卵、お肉も熱を与えるとタンパク質が変化して固くなるように

髪の毛も熱を与えすぎると固くなるということなのです。

たんぱく質変性すると・・・・・・

      ↓

硬くなる、髪内部のタンパク質が固まるため、動けない

さらに、キューティクルがはがれ、毛羽立ってきて、滑りが悪くなってしまいます。

 

 

ダメージがひどくなるとパーマがかからない、

カラーの色が入りにくかったり、ムラになったりします。

 

 

アイロンやコテを使う際にきをつけていただく点ですが、

 

髪がぬれている状態でコテやアイロンを使わないことです。

髪をしっかり、乾かさずにアイロンなどを使うと

 

『ジュッ』

と音がして髪の毛の水分が蒸発して

水蒸気爆発という現象が起こり、

髪の内部構造が破壊されてしまいます。

ヘアアイロンやコテを使用する時は、必ず先にドライヤーで

髪の毛をしっかり乾かしてから使用しましょう。

 

髪のダメージが気になる方は、スタッフにご相談ください。

アイロンやコテなどのダメージに対してのご自宅でのヘアケア法、

保護・補修力の高いヘアケアをご紹介します!

 

To Top