Blog

シリコーン

こんにちは。

ふじむらです。

今年もあとわずか。

な感じが一切してないんです。

年々なくなっていくワクワク感…。

お年玉もらえなくなった辺りからですかね?

(まぁもう28歳ですし(笑))

それはさておき

今日は『シリコン』について

書いていこうと思います。

シリコンとは化学反応によって作られた人工物で

スキンケアやヘアケア商品に使われたりしています。

髪に対しての作用は簡単に言うと

キューティクルにくっついてコーティングします。

シリコンって入ってないのが良いんですよね?

とお客様から質問を良くされるのですが

一概に言いきれないところがあります。

シリコンが良くないと言われている原因の一つとして

シリコンが髪の表面について流れ落ちる時にキューティクルも一緒に
剥れ落としてしまうと言われているからだと思います。

でも、一概にシリコンが悪い訳でなく

目的に合わせて適量の成分であれば髪に艶を出したり
髪をコートしたりします。

シリコンが髪に付きやすいのは水に溶けないシリコンが水分がタップリの中で
行き場をなくし、同じく水と混じりにくい髪にくっいてしまうと考えられているからです。

このことが髪の毛をコーティングすることになる訳です。

洗ってもべたつく、脂っぽいなどの方は

もしかしたらシリコンのコーティングが原因かも…。

さらにそのコーティングのせいで

髪の内部にお薬を浸透させなければならない

パーマやカラーのお薬が作用しづらいなんてこともあったりします。

長くなってきたので今日はここまで♪

スノードロップ  HP

阿佐ヶ谷 美容室 美容院 Snowdrop

人気ブログランキングへ

6 thoughts on “シリコーン

  1. SECRET: 0
    PASS:
     シリコン、私も髪にはよくないものだと考えていました。
     やはり単純に考えていてはいけないものなんですね。勉強になりました。
     読ませて頂いていて疑問に思ったのですが、やはりシリコンが合う合わないは髪質によっても違ってきたりするものなのでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >メルファインさん
    コメントありがとうございます。
    大抵のシャンプーに入っていたりするモノですが
    『シリコン』とは書いてなくって
    ジメチコン、シクロメチコンなどと書いてあると思います。
    最初は髪質によって仕上がりが変わると思いますが
    最終的にはコーティングされてべたつきがでてくるとおもいます。
    こんな説明で大丈夫でしょうか…?(^▽^;)

  3. SECRET: 0
    PASS:
     やっぱり最終的にはべたつきはでるんですね。
     しっとり感を超えてベタついてくるのが気になっていたものですから…f^_^;
     シリコンのせいでべたつくわけではないのかもしれないですね。
     石鹸+クエン酸リンスも躊躇していたのですが、先生としてはどう思われるでしょうか?
     質問ばかりですみません。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >メルファインさん
    シリコンは痛みの少ない根元の方に吸着しやすいようなのですすいでいるのにべたつくのであればシリコンの可能性もありますよね。
    石鹸シャンプーと酸リンスも
    石鹸のアルカリをリンスで弱酸性に戻す理論的にはいいと思いますが
    石鹸シャンプーの仕上がりは好みがはっきりでますよね~(;´▽`A“
    スミマセン僕も勉強中なモノで
    詳しくお応えできなくって…。

  5. SECRET: 0
    PASS:
     やっぱりいろいろ難しいんですね。
     シリコンが根元に吸着する傾向があるのなら一度本当に石鹸+クエン酸リンスは試してみたいと思います。
     でもすごく勉強になりました!
     謝らないでくださいね。勝手にいろいろお聞きしているのは私の方ですしf^_^;
     本当にありがとうございます。ごめいわくでなければまたいろいろとお話をお聞かせ下さい(*^_^*)

Comments are closed.

To Top