Blog

くびれショート♪量をスッキリさせたい時、間違った伝え方していませんか?!!

 

こんにちは、滝井です。
自己紹介はこちら 自己紹介はこちら

(↑ご覧ください!または、『京都好き美容師』で検索!)

 

今回は理想の髪型を伝えたい!どう伝えたらいいの?というお話です!

こちらサロンのお客様スタイルです!最近とても人気のコンパクトショート♪今回も襟足をとてもタイトに入れ込みました!!

 

ただただ乾かすだけで襟足は首にフィットします。

後頭部に丸みを出したい方は、くびれ部分をどれだけタイトにできるかで決まります!

もちろん、お客様が、ここの長さはこうで、ここをすいてほしい!などと、いったわけではありません!

お悩みを聞いてカットしたら、できたバランスです!

何度も切らせていただきながら、お悩みが無くなってきた今も、私が思うところを直しながら綺麗な状態を続けて頂いております!!♪

 

「ここの重たさが気になるのでたくさんすいてください!」とオーダーしている方は、危険ですので気を付けて下さい!

すいてもまたすぐ重たさが気になってくるというループで、逆にすきすぎてまとまらないという事態となります。

用途によってすくこともしますが、たくさんすくのであれば

その前にベースの形があっていない可能性があります!!!!

 

ベースカットと呼ばれる、軽くしたりすいたりを調節する前の、土台のスタイルのことです。

 

❶土台は段のない重いスタイルなのに、たくさんすいて軽くする

❷土台に適度に段を入れて軽いベースにして、すきは最小限にする。

 

❶と❷では、仕上がりの形は違いますが、軽くしたいという希望はどちらも叶えられます。

しかし❷のほうが圧倒的にツヤ感があり、お手入れしやすく、持続性のあるスタイルになります。

 

しかし、どうしても【すいてほしい】という希望をメインでかなえようとすると、ベースを重くするしかありません。。。。

たくさんすきますが、まとまらなくなります。セットが大変です。ブロー力も必要です。。。。

 

 

こういうところで、持ちの良さ、家でのお手入れのしやすさなどが変わってきます!

根本的なお悩み解決のために美容師側の知りたいこと!

【やりずらいところ、こうなるのが悩みだ、こういう形(シルエット)が理想(写真等)】

というのを伝えてもらった方がいいです!

お悩みをとにかく出してもらった方が、お客様の理想に近いおすすめのスタイルを提案できます!

 

そこからこちらで、それを踏まえてまずはブロッキングをどの高さにするか、ベースをレイヤーにするかグラデーションにするか、や、段の幅などを計算します!

伝えずらい方は、前や横のシルエットのわかる画像や雑誌でお伝えいただくことをおすすめします。

皆さんいいにくいようですが、芸能人の髪型や写真ももちろん大歓迎です!むしろわかりやすかったりします♪

理想の仕上がりが共有出来たら担当者に任せてみましょう♪

 

 

 

また、なかなか理解されないところではありますが、、

1度のカットでは完全に理想の形にはなりません!!

 

必ず前の人、その前の人のカットくらいまでは残っています。

 

(20センチ以上バッサリという場合のかた以外は。)

理想の形にもよりますが、2度、3度、4度でやっと、

私たちも自分のしたいスタイルにやっと届いた!という感じになります

 

 

長さや、すき加減、傷み具合など、物理的にすぐになおるものではない要素がたくさんありますので、

こちらで理想の形になるまでの過程も踏まえて次回のご案内、ご提案をさせて頂きます!

是非ご相談ください!

 

 

 

★サイエンスアクアやオイルカラー、ヘアスタイル、インスタにも載せてます!ぜひご覧ください☆☆
↓↓
滝井瑠美子 インスタグラム 滝井瑠美子 インスタグラム

 

★フラワーアレンジメント載せてます↓
滝井 フラワー 滝井 フラワー 最新ブログへ

 

To Top