Blog

手荒れ

こんにちは。

ふじむらです。

今日は美容師の職業病『手荒れ』について書きます。

乾燥の時期はもう終わりかもしれないですが

僕ら美容師や家事をする方は手荒れはつきものですよね。

僕らはシャンプーですがお客様は食器用洗剤かなと思います。

手の皮膚は皮脂腺という所から分泌された皮脂と汗腺から分泌された水分が乳化しクリーム状となって、

皮脂膜として皮膚を保護しています。

手洗いや水仕事によりこの皮脂膜がはがされて、

その下の角質の水分が蒸発してしまって、乾燥してしまいます。

水分を失い柔軟性がなくなった皮膚は乾燥状態から

角質が硬くなったり、亀裂、赤くなったり、痒みといっ た症状がでてきます。

これが手荒れということですね。

皮脂膜が取れてしまう原因はやはり洗剤やシャンプーだと思います。


食器を洗う時にスポンジに 洗剤をつけて洗うよりも

水を桶にはりそこに洗剤を溶かして洗う方が

原液が直接手に付かないし水はお湯ほど手の脂を撮らないので

手にやさしいそうです。

手荒れするとゴム手袋を使う人もいますが、これも注意だそうです。

ゴムは古くなると硬くなって、かぶれやすくなるそうです。

ゴム手袋をしても手荒れが広がってきたりしたら

もしかしたらゴムかぶれかも!

僕らのカラーの時の手袋も適度に取り換えた方がよさそうです!

(硬くなる前に破ける事の方が大半ですけどね(笑))

手湿疹の人はアトピー性皮膚炎 の人が多いそうです。


症状は、利き手に多く現れて、最初はかゆみだけですが、


長期化すると表面が硬くなって


(想像しただけでぞくっとしますね困った顔3
皮脂膜が無い状態、荒れた状態でバイキンバイキンマンがついてしまうと


悪化してしまうので


手荒れだからと言ってなめずに


きちんとケアしましょうネドキンちゃん

阿佐ヶ谷の美容室 Snowdrop ~ for hair ~

スノードロップ  HP

阿佐ヶ谷 美容室 美容院 Snowdrop

人気ブログランキングへ 亀裂ができて痛みが出てきます。

To Top