世界が認めた絵師 河鍋 暁斎 見に行ってきました。

こんにちは、

美味しい美容師 市橋です。

世界が認めた絵師 河鍋 暁斎 見に行ってきました。

幕末~明治にかけて活躍した絵師で

有名な浮世絵師歌川国芳の弟子となり、その後

狩野派で学び、浮世絵や西洋画に至るまで知りうる限りの画法を研究し、

同時に仏画や山水画などの伝統的な画題から、

世相を反映した戯画や風刺画まであらゆる主題に絵を描いていた人です。

 

 

一人の絵師が描いたのと思えないぐらい、色々な画風と構図、色の使い方、が独特な雰囲気

がありとても見ていて、飽きない楽しい絵ばかりです。

 

お奨めで興味のある方はぜひ!

 

 

 

ごらんいていただき、ありがとうございます

初めての方は、もしよろしければ、自己紹介ブログをご覧ください

  → 美味しい美容師 市橋 英

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎ひとり旅

こんにちは、おおつかです。

プロフィールはこちら

 

先日、一泊二日で長崎ひとり旅をしてきました。

今回は飛行機のチケットと宿しか決めていなかったので、長崎についてから行きたいところと交通手段を探す旅です。

 

宿は小浜温泉にある旅館。なので、一日目はその近くの雲仙に行ってきました。硫黄の香りと温泉街の独特な雰囲気を堪能しました。

    

(雲仙地獄)

小浜温泉も温泉が気持ちよく、贅沢な時間を過ごしました。

(小浜温泉目の前の海)

宿の近くの居酒屋に入り、地元の方々ともお話しする機会がありました。

小浜から徒歩でいける刈水地区というところを紹介していただき、二日目の朝はそこからスタート。

車が通れない細い山道に古民家が集まった刈水地区は、海を眺めることができ、それが絶景でした。こんな素敵なところで暮らすことができれば、毎日が旅気分ですね。

(刈水地区の道とそこから見える景色)

 

小浜を後にして、バスで長崎市内へ。市内は路面電車で移動し、出島や山に登って、長崎市内を一望してきました。

(建物が密集した長崎市内)

長崎と言えばちゃんぽんですが、ちゃんぽん発祥のお店ー四海楼ーに行き、本場のちゃんぽんを頂きました。

(四海楼のちゃんぽん)

 

もちもちとした麺に、野菜それぞれの個性が一緒くたに味わえるのは、驚きでした。

 

名残惜しい気持ちを胸に空を飛び、また一日一日過ごしていこうと思います。長崎リベンジもしたいですね。

 

 

 

ヘアアイロンやコテを使うと髪が硬くなるのはどうして?

こんにちは、

市橋です。

最近はご自宅でのヘアアレンジが雑誌でよく見かけますね。

アレンジするときに、コテやアイロンを使ったアレンジもよく見かけますし、

お客さまとお話していても、ご自宅でコテでまく方、

ストレートアイロンで整える方も多いです。

 

なので、ヘアアイロンやコテを使うことによる髪へのダメージに

ついてお話したいと思います。

髪は約85%がタンパク質で出来ています。

髪の毛は、熱が加わると、タンパク質の構造が変化します。

このことをタンパク変性といいます。

 

たとえば、

卵、お肉も熱を与えるとタンパク質が変化して固くなるように

髪の毛も熱を与えすぎると固くなるということなのです。

たんぱく質変性すると・・・・・・

      ↓

硬くなる、髪内部のタンパク質が固まるため、動けない

さらに、キューティクルがはがれ、毛羽立ってきて、滑りが悪くなってしまいます。

 

 

ダメージがひどくなるとパーマがかからない、

カラーの色が入りにくかったり、ムラになったりします。

 

 

アイロンやコテを使う際にきをつけていただく点ですが、

 

髪がぬれている状態でコテやアイロンを使わないことです。

髪をしっかり、乾かさずにアイロンなどを使うと

 

『ジュッ』

と音がして髪の毛の水分が蒸発して

水蒸気爆発という現象が起こり、

髪の内部構造が破壊されてしまいます。

ヘアアイロンやコテを使用する時は、必ず先にドライヤーで

髪の毛をしっかり乾かしてから使用しましょう。

 

髪のダメージが気になる方は、スタッフにご相談ください。

アイロンやコテなどのダメージに対してのご自宅でのヘアケア法、

保護・補修力の高いヘアケアをご紹介します!