Blog

小藥智紘の自己紹介

小藥智紘の自己紹介

はじめまして、4月から入社した小藥智紘です。

よろしくお願いします。

今回私の自己紹介を見ていただきありがとうございます

 

生年月日:1998年3月25日

血液型:B型

出身:埼玉県加須市

ヴィンテージ好き美容師

 

私の得意な技術、お客様にしてあげられることは何か?

まだ日も浅く、時間もかかりますが一生懸命・丁寧にシャンプーします。

また、スパも力強く精一杯もみほぐしていきます。

シャンプーとは関係ありませんが、モデルさんでのカラーもしています。

ハイライト

 

その技術でお客様のどんなお悩みが解消できますか?

シャンプーでは普段洗いおとすことのできない頭皮の汚れを落として、途中でマッサージも入っているのでしっかりともみほぐしていきます。

ヘッドスパには血行促進・リラクゼーション効果・リフトアップ効果などでも期待できます

 

施術後、または次回来られたお客様になんて言われますか?

僕は手が細く力が強いので、頭皮にしっかりと指が入って気持ちいいと言われることがあります。

スパの際「なんか目が霞んでたのが見やすくなった」「日々の疲れが取れてスッキリした」などとも言ってもらえます。

シャンプーはゴシゴシ感があってしっかりと洗われた感じがすると言われます。

どこで育って、どういう子供だったか?

埼玉県加須(かぞ)市出身。よくかす市ってばかにされます。

小学生5年生までは神奈川県川崎市に住んでいました。小学生までは外で遊ぶの好きな子供だったと思います。小学生のときに引っ越したので少し引込み思案なところがありました。

中学生になるとゲームばかりしていて、外で遊ぶことは少なくなっていきました。部活は昔からおじいちゃんに教えてもらってた卓球で一応部長でしたが、そこまでうまくはありませんでした。

高校は栃木県佐野市の私立に通っていました。1時間ぐらいかかるので大変でした。あまり学業を頑張る生徒ではなかったと思います。

ただ大学にいくか専門学校にいくか迷いました。しかし、大学進学をせず専門学校に進学しました。

趣味、好きなこと

○自分は古着が好きです。

休日は高円寺に行って古着屋巡りをしています。

高円寺は古着の聖地といわれるように沢山の古着屋があるので、1日中いることもあります。

 

○映画鑑賞も好きでよく映画を見ます。ただ暗いところが苦手で映画館に行くことはあまりないです。

なので、大体の映画はiPhoneで見ます。少し前の映画や古い映画が好きなので、iPhoneでも見れる時代なのでありがたいです。

ブログでも紹介しています。

 

 

○ゲームも好きで最近ではスマホゲームにはまっています。

昔はDSやWiiUなどのゲーム機で遊んでいましたが、最近のスマホゲームはクオリティーも高く昔では考えられないほどの進化しています。

ゲームのジャンルは問わずいろいろやります。

 

○音楽が好きです。

特に邦ロックとラップが好きです。

今の流行りの邦ロックだとWANIMAやSHISHAMOを聞きます。

ただ1番好きなのはやっぱりTHE BLUE HEARTSです。

ラップはD.OやJin Dogなど僕がしてこなかったアウトローな人たちの歌が好きです。

 

○専門学校時代の友達と写真を撮りに行ったりもします。

川越の小江戸や新宿の新宿御苑などに行きました。新宿御苑の桜は驚くほど綺麗でしたが、人と花粉がすごかったです。

川越の小江戸のときの撮ってもらった写真です。

 

 

尊敬する人

甲本ヒロト

僕の尊敬する人はTHE BLUE HEARTSの甲本ヒロトです。 美容師なのにこんなこと言うのは良くないかもしれませんが、見た目は良くありません。 ただ見た目だけじゃなくて人として尊敬できるのご甲本ヒロトです。 僕は美容師なので見た目もこだわりつつ甲本ヒロトのように人として尊敬される人間になりたいです。

ちなみにTHE BLUE HEARTSで好きな歌は終わらない歌です。

いつ、なぜこの仕事をやろうと思ったか?

小学校・中学校のときは保育士になりたく、高校生になっても保育士なろうと思っていました。

ただ高校2年生のときにはじめて自分の髪の毛をセットしました。最初はやり方もわからずで酷かったです。

毎日練習するうちに次第にうまくなり、少しでも自分の技術でかっこよく、かわいくすることができることを知り、高校3年生のときには自分の技術でお客様を変えて感謝の言葉を言って頂ける美容師になりたいと思いました。

美容学校を親に言わず受けて怒られましたが、今はこの道を選んでよかったです!

 

今の仕事で挫折したことは?それを乗り越えられた理由は?

○挫折したこと

入社してすぐお客様に入るとき会話ができず、お客様との距離感がわかりませんでした。

各店ごとにお客様の年齢層が違い、普段年上のかたとの会話をすることがなかった僕は凄く悩みました。

○それを乗り越えられた理由

各店のスタイリストが話している内容を聞いてみたり、お客様の情報を把握することで会話に繋げていきました。

年齢層ごとに会話の内容の違いや、共通の話題があることを知りました。

 

将来この店でお客様してあげたいこと、喜んで欲しいことは何か?

・施術を終えたときお客様の想像を超えること

・かっこよく、かわいくして家族や友人に褒められるようにすること

・普段やらない技術のお話や美容の情報を教えることで為になったと喜んでもらうこと

 

今回は僕の自己紹介を見て頂きありがとうました!

今度いらした際は少しでも声掛けてもらえたら嬉しいです!

To Top