Blog

ダメージケア研究家、勝沼佑季の自己紹介

こんにちは、初めまして。

私の自己紹介ページを開いて頂き、ありがとうございます!!

常に感謝の気持ちを持って、関わる人とのつながりを大事にと考えています。

 

そんなダメージケア研究家美容師、勝沼 佑季です!

動物が大好きなんです!!

 

 

とは言っても家で飼った事があるのは、カブトムシとクワガタと鈴虫とハムスターと熱帯魚で、

今は金魚しか飼っていないのですが、、、(笑)

 

ちなみに一番好きな動物は、犬です

一番好きなのに飼った事がないので、友達の愛犬をかわいがっています(^^)/

チョコ君、あんこちゃん

あんこちゃん

チョコ君

小さい頃のチョコ君

良かったら、このまま私の自己紹介を最後までご覧ください!

 

 

 

♢私の得意な技術、またはお客様にしてあげられる事は何か?

~シャンプー・スパ・マッサージ~

スパ・マッサージでは、一人一人に合わせたマッサージをし

またしてもらいたいと思って頂けるように。

シャンプーでは、かゆい所に手が届くような気持ちで

細かい部分までこだわりをもってやる。

手からも気持ちは伝わると思うので、精一杯気持ちを込めて

施術させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

♢その技術でお客様のどんな悩みが解消できるのか?

ご来店された時より、スッキリとさせる事。

リラックス出来て、疲れもとる事が出来る。

目の疲れが良くなる。

視界も良くなる。

 

♢施術後、または次回来られたお客様に何と言われたか?

「気持ち良くて眠っちゃいました。」

「肩が軽くなりました。」

「休まりました。」

などなどと嬉しいお言葉を頂きました!

 

 

 

♢どこで育って、どういう子供だったのか?

東京で生まれ、東京で育ちました。

小学一年生の時から高校二年生の時までバレーボールをやっていて、小学生の頃はジュニアチームに入っており試合も出ていました。

そんなバレーボール人生の中で今でも記憶に残っている嬉しい事があります。

 

それは、自分のサーブの番だけで勝てた事です。

 

背が小さい私は、後ろのポジションにいる事が多かったので

アタッカーのようにカッコ良く得点を取る事が出来ない為、サーブだけは絶対にミスをしないようにと

サーブの練習に、いつも力を入れていました。

 

試合のサーブ順はだいたい一番最初で、いつも緊張していました。

この試合の時も私のサーブから始まりました。

 

サーブの後に返ってくるボールがドキドキでしたが

ボールをつないでくれたチームのみんながいたから勝利を手にする事が出来ました!

 

そして、私のサーブを信じて見守ってくれた監督やコーチがいたから

私も落ち着いてサーブを打つ事が出来ました!

 

この試合の時、自分がキャプテンをやっている時だったので

特に印象的です。

 

 

 

私は基本的に、小さい頃から、運動したりするのが好きで活発な子供時代だったと思います。何でもやりたがる性格だったので

小学生の時はドッジボール大会に出たり運動会の騎馬戦で騎馬の上に乗って帽子を取ったり

組体操でも一番上で決めポーズを取っていました

 

高校の時は、体育祭に力を入れている学校だったので、体育祭のための合宿もあり本気で汗を流しました。

体育祭のダンス競技でも、三年間連続で優勝する事が出来ました。

 

ダンスはやった事がなかったのですが、体育祭の種目の中ではメインの方で興味があったので

三年間ダンスチームに入らせて頂きました。

 

三年最後のダンスでは、教えてくれたコーチも涙を流しながら喜んでくれました。

いつも合宿の時は、あまり褒めたりするところをみた事がなかったので

高校の体育祭といって一番最初に思い出すぐらい印象に残っています。

 

 

♢いつ、なぜ今の仕事をやろうと思ったのか?

小さい時から人に髪をいじってもらうのが好きで、七五三の写真には満面の笑顔で写ってました。

中学生のある時、友達の髪をバッサリと切った時があり、その時にかなり失敗しました。

次の日からその友達は、ほとんど髪を結んでいました。

 

そんな姿を見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、その日以降の自分が

美容室で髪を切ってもらった時に、美容師の人達がキラキラと見え

”すごいな~””かっこいいな~”と思いました。

 

前までは、やってもらう事が好きで、楽しくて、嬉しかったけど、自分が誰かにやってあげたい。可愛くカッコ良くしたい。

と思うようになり、美容師の道に進みました。

 

 

 ♢今の仕事で挫折したことは?それを乗り越えられた理由は?

器用でもなく、要領も良くないので、一つ一つやる事に時間がかかってしまい、なかなか前に進まず立ち止まってしまい、自信も持てなかったのですが

お客様から「ありがとう。」と言って頂いた時に一瞬で安心しました。

そして、周りにいる人達の言葉にいつも支えられてきました。

たくさん応援してくれてる人がいるんだ、と気づき

これからもっともっと頑張ろうと思いました。

 

♢将来、このお店でお客さんにしてあげたい事、喜んで欲しい事は何か?

髪を綺麗にしたり、髪を変えてあげたいです。

でも、容姿以外の内面の方でも、日々の疲れをとってあげられたりリラックスして頂ける空間を作れたらいいな。

と思っております。

 

このお店に来るのが楽しみと思って頂けるように

一人一人のお客様を大切にしていきます。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

To Top