Blog

湿度の多い梅雨時期にはサロンでのトリートメントと季節に合わせたヘアケアが大切です。

こんにちは、

美味しい美容師市橋です。

5月もあとわずか、だんだん

これから、湿度が上がり、梅雨がやってきますね。

梅雨の湿度は髪・地肌の両方とも不快に感じることが

多くなり、

髪が細いお客様は湿度でぺたんとつぶれやすくなり、

うねりがあるお客様はうねりが出て、広がりやすく

まとまりにくくなります。

なぜうねりが出るのか?

それは色々な要因はありますが、

うねりが出やすい髪のたんぱく質の違いと水分バランス

髪事態の型・毛穴の型

関係しています。

 

髪内部のたんぱく質の違い

髪の断面図ですが

髪がうねりが生じる原因として、髪の

内部に存在するたんぱく質の違いが影響します。

 

 

オルソコルテックス

髪が水分を含みやすい性質があります。

うねりの外側になります

パラコルテックス

髪が水分となじみにくい性質があります。

うねりの内側になります。

 

髪内部にそれぞれのたんぱく質が不均一に存在していると、

それが原因でうねりが生まれます。

湿度が多い季節になると、

髪のたんぱく質による、特徴で髪のうねりが強く出やすくなります。

この髪の不均一なたんぱく質の状態をできる限り、整えてあげることが

髪のうねりをやわらげるうえでは大切なことです。

そのために、

サロンでは、トリートメントで、髪の水分量のバランスを整えるため、

やっていただくと、梅雨時期はまとまりがよくなります。

ご自宅では、

洗い流さないトリートメントのオイルタイプを髪質・状態によって

使っていただくのがオススメです。

なぜかというと、

湿度が多いと、髪も湿度を吸ってうねりやすくなるので、

オイルで湿度を遮断することでうねりがでにくくなります。

 

 

また年齢とともにうねりが出てきたなと感じませんか?

その原因は頭皮の毛乳頭に対して、毛流の量が不足すると、

オルソコルテックスの性質が強くなり、

血流量が多いとパラコルテックスの性質が強くなります。

年齢によるうねりの一つの要因になるので、

地肌の血流がよくなるよう、

サロンでは、炭酸泉

ご自宅では 炭酸シャンプーやトリートメントを定期的に

使っていただくのがオススメです。

 

梅雨時期はヘアスタイルが決まらないなど、髪・頭皮のお悩みも増える時期です。

スタッフにぜひご相談ください。

お待ちしております。

 

荻窪店 ネット予約はこちら

 

自己紹介はこちら 自己紹介はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

To Top