Blog

3月からの紫外線対策がなぜ大切のなのか?

こんにちは、

美味しい美容師 市橋です。

今日は、紫外線対策のお話です。

まだ、3月だからそんなに気にしなくてもと、

思っている方は、要注意です!

 

なぜ、3月からの紫外線対策が重要か?

3月から、紫外線量が急に増える時期です。

3月は、9月の紫外線量と同じくらい量が降り注いでいます。

4月からは、9月と変わらない紫外線量になります。

9月は、夏の残暑で紫外線への意識も高いですが、

3月から、同じくらいの紫外線量があると考えると、

怖くなりませんか?

 

 

1月・2月の冬の乾燥で肌の水分量やバリア機能が低下しています。

夏の紫外線はもちろんですが、冬の乾燥で肌が弱っている状態で、

3月の紫外線を浴びると

さらに、肌の保湿機能の低下、バリア機能の低下により

敏感肌やアレルギー性皮膚炎などトラブルが起こりやすいです。

急に紫外線が増える3月、4月も要注意な時期です!

 

敏感肌、アレルギーが3月4月に起こりやすいのは?

 

冬の乾燥しやすい季節にお肌の保湿機能が低下している可能性があるので、

お肌の外部刺激からのバリア機能が低下しています。

それによって肌内部に外部刺激が入りやすくなるので、

アレルギー物質なども肌内部まで侵入しやすくなります

春先はアレルギー物質である花粉が飛散しているので、

肌がアレルギー反応を起こす可能性が高くなります

 

長時間の外出時には、日焼け止めを吟味することとその後のアフターケアが大切

日ひゃけどめを塗ることが確かに大切なんですが、日焼け止めの種類によっては、

逆にお肌の水分を奪って肌トラブルになることもあるので、自分の肌質とできるだけ

刺激が弱いものを選んでいただきことがたいせつだと思います。

 

日焼け止めを塗っていても、完全に紫外線をブロックできません。

紫外線の影響は少なからず、あるので、

前述で述べたように、できるだけお肌の保湿+バリア機能の維持とアップで

お肌へのダメージ軽減ができます。

春先もしっかり保湿が大切です。

 

 

髪・頭皮も肌と同じです!

 

髪・頭皮もまた同じです。

冬の乾燥で頭皮の乾燥も起こっているので同じように、

外部刺激からのバリア機能の低下により、かゆみや頭皮の状態も敏感になり

フケなども乾燥の影響で起こりやすいので、

ご来店の際は

ヘッドスパで頭皮の保湿、ご自宅では頭皮用の化粧水での保湿をしていただ

くことをおすすめします。

 

髪に関しても髪の内部の水分量の低下により、

髪が固くなり、柔軟性がなくなっています。

そんな時に紫外線を浴びてしまうと、

さらなる乾燥と髪の柔らかさが失われてしまいます。

 

Snowdropでは、そんな髪の状態になるのを未然にできる限り、

お客様の髪を守るため、

紫外線から髪へのバリア機能を高める取り組みを行ってます。

サロンでは、トリートメントで保湿し、

ご自宅では洗い流さないトリートメント・UVスプレーでの保湿と紫外線からの

バリア機能を高められるようにご提案させていただいております。

 

 

 

   3月のキャンペーン

  保湿   + UV対策

できるだけ、髪・頭皮へのダメージを防いで、

いつでも

健康な髪・頭皮であってほしいという思いをもって、

お客様にご提案させていただいております!

 

スタッフに髪のお悩み気軽にご相談ください。

お客様の状態に合わせて、アドバイスさせていただきます。

 

またご自宅でのヘアケア、スキンケアに関しては、

もう一つ、

『Snowdropのセレクトショップ』

が顧客向けオンラインサービスがございます。

700点以上のアイテムより、お選びいただくサービスです。

 

ご来店いただいたお客様が美容を通して、

より良く、豊かに生活ができるお手伝いが出来たらと、

切々と思っております。

 

ご来店お待ちしております。

自己紹介はこちら 自己紹介はこちら

 

荻窪店 ネット予約はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

To Top