再生医療技術を美容へ 新時代のトリートメントに感動! アナーヒタ

こんにちは、

美味しい美容師 市橋です。

美容界にも新しい視点から作られた

トリートメントが登場したのでご紹介、

今までのトリートメントとの違いは

再生医療技術が取り入れられたトリートメントという点

ケラタイドTK-Bという特殊なケラチンの濃度通常の10倍配合している

です。

再生医療(京都大学 再生医科学研究所 田畑教授)の基礎研究をベースに、

メドジェルが開発した「メドジェルハイドロゲル」を配合することにより、

薬剤が効果的に髪に浸透、トリートメント成分が長い期間持続するの特徴です。

また、ヘマチンという成分が架橋作用、酸化促進、消臭効果、

   カラーやパーマの過酸化水素の除去などの詳しくは↓で

   説明したいと思います。

アナーヒタトリートメント

 

 

メドジェルハイドロゲルとは(生理活性物質の徐放も可能な生体吸収性ゼラチン)

 

たとえば、皮膚が深くえぐれるようなケガをして、傷口自体が深く治りにくいとします。

ハイドロゲル+細胞+生理活性物質(自己修復力を引き出す物質)

 を傷口に埋め込んだり、張り付けたりすると、

傷が治るのが早くなったり、傷を早く治すための薬剤を長時間その場に

とどめて、薬剤の効果が徐々に浸透持続するようにしたりできます。

細胞の足場にもなるため、組織の再生が早くなるという効果が

あります。

2週間~3週間で体の中で栄養素として、完全に分解されます

 

ケラタイド®TKーBとは

 

通常ケラチンと言えば、羊毛から抽出するのことが多いのですが、

羊毛のケラチンのは毛髪に対して硬さが出やすいのに対して、

ケラタイドⓇTK-B(フェザーケラチン)柔軟性があり、

羊毛の1.5倍の疎水性アミノ酸を含んでいます。

(疎水性=髪に入れたケラチンが

シャンプーや水分を髪が含んだ時に、溶け出しずらくなります。)

髪に自然なハリ・コシを与え、しなやかな仕上がりになります。

このトリートメントの説明する前にまずは髪がダメージする

ってどういうことか?1つの原因にフォーカスして↓で説明したいと

思います。

ヘマチンとはどんな効果・成分ですか?

ヘマチンは動物の血液中の

ヘモグロビンから抽出された成分です。

ヘマチン + グロビン =ヘモグロビン

という感じです。

ヘマチンはグロビンと似ている、毛髪中のケラチンと結合しやすい

性質があります。

また体内で酸素を運ぶ働きをしていて酸化促進効果

もあるため、パーマの後処理剤として、使用すると

ケラチンどうしの架橋作用 +酸化促進

の効果で、ウェーブ感がアップしたように

感じるといわれています。

また、2価鉄という鉄分が含まれているので、

パーマ液の臭いの軽減(パーマをかける薬剤によります。チオ系には有効)

する効果もあるといわれています。

カラーの場合は

メラニン色素の酸化分解と

カラーの色素の酸化重合の促進を

手助けしてくれるため、

カラーの色素が髪にしっかり入るので、

カラーの持ちがアップするといわれています。

 

 

 

髪がダメージする原因は?

パーマやカラーをすると髪がアルカリ性の状態になり、

キューティクルが浮き上がりや毛髪内部の間充物質が流出し、

キューティクルがめくれたり髪のダメージが起こる原因になっています。

海水が pH8.4前後

パーマや縮毛矯正の薬剤が pH9

ヘアカラーで高いものなら pH10

 

健康な髪=PH4.5~5.5 

この健康な状態を等電点といい髪にとって、一番いい状態です。

カラーやパーマをした場合に上記のように

髪がアルカリ性に傾いた状態をできるだけ、髪の健康なPHまで

戻してあげることが、髪のダメージを抑えるのに必要なことなのです。

 

 

凝集とは?どのような仕組みで持続性の高いトリートメントになっているの?

低分子高濃度ケラタイドが髪のダメージ部分に浸透します。

          ↓

科学的には凝集とい特性を利用しています。

凝集とはたんぱくどうしが寄り集まり、1つの集合体になることです。

タンパク質の種類にもよりますが、酸性の状態で起こる現象です。

 

たとえば、牛乳の中に乳酸菌飲料などを混ぜ合わせたことはありますか?

混ぜ合わせると、牛乳のタンパク質が固まり、ドロドロした状態で

コロイド状のかたまりになります。

某メーカーのフルーチ○などはこの効果を利用している

デザートだと思います。

 

トリートメントを行う際、

PHをも等電点に戻しながら、

毛髪内部でたんぱく質が凝集することで

髪の中より集まって一つの集合体としてとどまるようにしてくれると同時に、

髪の強度を150%回復させ(髪の状態により個人差はあります。)、

切れ毛や枝毛の防止、キューティクルの浮き上がりをなくして

毛髪の手触り・ツヤ・はり・コシの低下防ぎます。

ハイドロゲルを使用することにより、水分保持力、トリートメント効果の

持続性を高めてくれます。

毛髪内部で低分子のケラタイドどうしがくっつきあって、

水に溶け出しにくくなり、残留アルカリを除去して、

髪を等電点にもどすことにより、シャンプーしても髪から

抜け出にくい状態になるトリートメントです。

 

アナーヒタが考える健康な髪とは?

 

水分量      :11%~14%

ケラチン含有量  :80%~90%

等電点      :PH4.5~5.5

 

ハイドロゲル+高濃度ケラタイド+天然成分シャンプー+ヘマチン

ブリーチなど髪のダメージがかなり進行してしまった時や、

ダメージや髪の年齢とともに弾力感がなくなってお悩みのお客様

スタッフまで、気軽にご相談ください。

ご来店お待ちしております。

 

 

自己紹介はこちら 自己紹介はこちら

 

荻窪店 ネット予約はこちら