Blog

夏の怖いモノ

こんにちは。

ふじむらです.

夏も本番楽しんでますか??

外で遊ぶことの多いこの季節。

日焼けも気にしないとだめですよね!

極端な日焼けはやけどと一緒なんです。

紫外線を浴びると急激に活性酸素生まれます。

活性酸素は

体を酸化=体をサビさせてしまうので、

老化や、ひどいとガンなどの怖い病気の原因になることもあります。

対策はしてるけど

もし急な日焼けをしてしまったらどうしましょう。

まず濡れタオルや冷水シャワーで火照りを鎮めることが大切です。

ケア商品やお薬はその後でも大丈夫ぐー

ある程度ほてりが収まったら、かゆみや痛みの炎症を鎮める処置をしましょう。

肌にいいとされる食べ物のなかにソラレンというものが含まれているものがあります。

光毒性物質と呼ばれるんですが、紫外線の感受性を高める物質です。

レモンレモン(皮)、オレンジみかん(皮)、イチジクイチジクなどの柑橘系やパセリパセリ、クロレラサプリに含まれています。

なので、レモンパックとかした後に、紫外線に当たると…恐ろしいですね。

ソラレンを含む食べ物を大量に摂取すると肌が過敏になるので、

少し日光に当たるだけでもシミになりやすくなってしまいます。

紫外線で発生した活性酸素の影響はビタミンC、ビタミンE、カロチン(ビタミンA)などの

抗酸化作用のある栄養素が良いとされますが

何でも採りすぎはよくないってことですね!

カロチン(ビタミンA):かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマト…トマトほうれんそうにんじん恵比寿カボチャ1
ビタミンC:レモン・オレンジ等の柑橘類、トマト、ジャガイモ…レモンみかんトマトじゃがいも
ビタミンE:アボカド、ナッツ、ゴマ、大豆…ライフアボカドアーモンド☆ごま大豆

カロテンは汗腺や皮脂腺の働きを保ち、有効成分の抗酸化作用により紫外線の害からお肌守ってくれます。日焼け後のお手入れと共に、お肌には欠かせない食べ物です。

ビタミンCはメラニンの生成を抑止する働きと、すでに出来てしまったメラニンを薄くする作用があります。

ビタミンEは若返り、ビタミンBは疲労回復、皮膚の分泌をコントロール。

ビタミンB6はタンパク質の代謝を高める作用があります。皮膚も髪もタンパク質ですからね!

秋には秋の紫外線対策があるので季節が変わったらまた!

明日はおそらくすっと屋外なので

覚悟して行きます(笑)


スノードロップ  HP

阿佐ヶ谷 美容室 美容院 Snowdrop


人気ブログランキングへ

To Top